スポンサードリンク

自宅でワイン。料理の合わせ方、保存方法、美味しく飲める温度

ワインの概要

ワインの基礎知識

ワインの存在で私が1番驚くのは、「歴史が極めて古い」
と言うことです。

歴史的記念物、文献などからグルジアでは7000年から
5000年前に醸造されていたことがわかっており、

その歴史は新石器時代にも及びます。

種類

種類に関しては皆様にもお馴染みかと思いますが、

    白ワイン
    赤ワイン
    ロゼワイン

などに分類されます。

成分と期待できる効果

ワインには特に多くのミネラルがバランスよく含まれています。

ほかには、ビタミンB6、そして美容成分でよく知られている
ポリフェノールが含まれています。

ワインのポリフェノールは「タンニン」
赤ワインに含まれるもので、渋みのある味、
それがタンニンです。

タンニンは殺菌効果が期待されます。

温度によって美味しくなる

ワインと温度との関係は重要です。

温度が低いと酸味を感じやすく、高いと甘みを感じやすくなります。

白ワイン・ ・ ・飲む前日が半日前に冷やす

赤ワイン・ ・ ・常温、1~2時間前に冷やす

保存方法

まず、買ってきて栓を開けていない場合の保存法は、
基本は冷蔵庫で大丈夫ですか、長期で保管する場合は
冷暗所に寝かせて保存します。

ワインの瓶は振動させると酸化が進むので、
動かないようにしておくのがベストです。

次に、栓を開けたワインの場合は、
コルクやキャップをしっかり閉めて
2日~3日で飲みきってしまいましょう。

それ以上置いておくと極端に味が変わります。
(おいしくなくなる)

できるだけ早く飲み切る方がベストです。

価格について

ワインの価格は低価格から高価格までその差は幅広くあります。

しかし、「安いからおいしくない」「高いから美味しい」
ということではなく、

一般的に価格の差は「熟成期間の目安」となります。

リーズナブルなワインは、ボジョレーヌーボーのように
美味しくても出荷後すぐに楽しめる「若いワイン」
が多く、

高価格なワインは「● ●年物」といったように熟成期間が
長いものに多くなっています。

料理とよく合う

家庭用のワインなら料理に使って美味しくすることができます。

白ワイン・ ・ ・魚料理によく合う。

濃い白は、バターソテーなどしっかりした味付けの魚料理合います。

薄い白は、刺身や焼き魚などシンプルな味付けの魚料理に適しています。

赤ワイン・ ・ ・肉料理によく合う。

濃い赤は、牛肉料理など石のある肉料理によく合います。

薄い赤は、鳥料理などあっさりとした肉料理に適しています。

ポイント 料理は味の濃さと、ワインの色の濃さは合わせる基準になります。

参考 ワインに合う料理レシピ30品 クックパット

まとめ

昔と違い、今ではリーズナブルで美味しいワインが、
日本にもたくさん輸入されるようになってきました。

ワインを使った料理のレシピもたくさんありますので、
レパートリーを増やすためにワインを活用するのも
1つの方法です。

ただし、お酒ですので自宅で飲む場合は、飲み過ぎには
注意しましょう。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ